Category: 楽しく読み聞かせ☆おすすめ絵本紹介

こんにちは。iicoto店長です。

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
夏休みに旅行や帰省でお出かけするご家族もたくさんいらっしゃいますね^^

さて、今回は車でのお出かけをちょっと楽しくする絵本をご紹介します。

楽しく読み聞かせ☆おすすめ絵本紹介vol.5

『のせて のせて』
松谷みよ子 さく 東光寺啓 絵

松谷みよ子さんの赤ちゃん絵本シリーズは、私たち親世代が子どもの頃から読み継がれているロングセラーです。
ことばの繰り返しが多く登場し、リズムがとても心地よく耳に残ります。それに温かくやさしい絵が重なって、一つひとつのシーンが深く記憶に残ります。

お話はとてもシンプルです。
主人公のまこちゃんが赤い自動車に乗ってお出かけしていると、
「のせて のせて」と手をあげている動物たちに出会います。
01

02

うさぎにくま、ネズミと、
道を進むにつれてどんどん仲間が加わって、しまいにはこんなにいっぱい。
03

そして、クライマックスはこのシーン。
「トンネル トンネル トンネル トンネル」
「まっくら まっくら まっくら まっくら」
04

「でた!おひさまだ!」
「さあ いくぞ びゅーん」
05

真っ暗なトンネルで息をひそめて、「まだかな まだかな」と明るい外へ出るのを楽しみにする感じをお子さんと一緒に楽しんでみてください。

我が家では、車でお出かけしていてトンネルに入ったときはいつも、「トンネル トンネル まっくら まっくら」と、一緒に声に出して遊んでいます。

おうちで読む時は、トンネルのシーンで子どもの目を手で覆ったり、ハンカチを顔にかぶせたりして真っ暗なトンネルの中を演出したりしています。子どもも「でた!おひさまだ!」と、目隠しがとれるのを楽しみに待っています。

 

この絵本は、読み聞かせのワークショップなどでもよく使うのですが、色々な読み方をして楽しめます。
ゆっくり穏やかに読んでもいいですし、抑揚をつけてもいいです。
主人公の「まこちゃん」をお子さんのお名前に変えて読んでも、お子さんが喜びますよ。
おひざに抱っこで車に乗っているように揺らしたり、
「のせてのせて」のところでお子さんの手をあげたり、
「いくぞ びゅーん」のところで、ビューンとからだを持ち上げたり、
ことばに合わせてからだを動かしながら読んでも楽しいですね。
それぞれの楽しみ方をお子さんと一緒に見つけてくださいね。

 

松谷みよ子さんがの作品を他にもご紹介します。

『いない いない ばあ』

『もしもし おでんわ』

『もうねんね』

『いいおかお』

 

iicotoカスタム絵本shopはこちら
http://www.iicotoehon.com

楽天市場iicotoカスタム絵本shopはこちら
http://www.rakuten.co.jp/iicoto/

ポンパレモールiicotoカスタム絵本shopはこちら
http://store.ponparemall.com/iicoto/

こんばんは。iicoto店長です。

昨日は朝から降り続いた雨が夕方にはやみ、夜は晴れてまんまるのお月さまが明るく光っていました。
赤ちゃんがいる生活は夜に外へ出ることが少なく、お月さまを見上げたのもなんだか久しぶりのような気がします。

さて、今回はお月さまが主役の絵本です。

楽しく読み聞かせ☆おすすめ絵本紹介vol.4

『おつきさま こんばんは』 林 明子さく

林明子さんの絵は優しくて表情が豊かで大好きなんです。

この絵本は、おねえちゃん(6歳、小1)が赤ちゃんの頃から
夜、お布団に入って寝る前によく読んでいました。
今はチビちゃんがそれを受け継いでいます。

おつきさまこんばんは

きれいな色と やさしい言葉、
ゆっくりと、穏やかな声で
読み終えたら「おやすみなさい」

なんとなく、ぐっすり眠ってくれそうな気がしませんか?
眠ってしまうのはこちらもですが(笑)

 

子どもたちがお気に入りのシーンはこちら

おつきさまこんばんは

「ごめん ごめん
ちょっと おつきさまと
おはなし してたんだ」

おねえちゃんが2〜3歳の頃、お月さまが雲に隠れて見えない時には
「くもさんと お話ししてるんだね」
なんて、話したりしていました。
チビちゃんも、じきにそんな日がくるのかな^^

 

好きな絵本のワンシーンは、大人になっても心に残っていたりしますよね。

きれいな色、きれいな言葉がたくさん
お子さんの心に残るといいですね。

 

林明子さんが描いた作品を他にもご紹介します。

『こんとあき』

『とんことり』

『あさえとちいさいいもうと』

 

iicotoカスタム絵本shopはこちら
http://www.iicotoehon.com

楽天市場iicotoカスタム絵本shopはこちら
http://www.rakuten.co.jp/iicoto/

ポンパレモールiicotoカスタム絵本shopはこちら
http://store.ponparemall.com/iicoto/

こんにちは。iicoto店長です。

梅雨のこの時期、雨でお散歩や公園に出かけられず、おうちでどうやって過ごそうか…と、
ママたちの嘆きが聞こえてきそうですね。

せっかくおうちで過ごすなら、絵本をたくさん読んであげるのもいいですよ。
お子さんからのエンドレスの”もういっかい!”コールはちょっと大変ですけどね(笑)

子どもは繰り返しが大好きですよね。
お気に入りの絵本があるとそればかり読んでと言います。
ずっと同じ遊びを繰り返していても、毎回初めてかのようにおもしろがって楽しんでいます。
付き合う大人はちょっとうんざりしちゃうかもしれませんね(笑)
でも、実は子どもの脳の発達にとってこの”繰り返し”はとても大事な意味があるそうです。

特に0歳の時期は、ママが繰り返し語りかけることが情緒や知能の発達にとっても重要だと言われています。
ママの語りかけで毎日同じ言葉を繰り返し耳にすることによって、脳の「気持ちいい」と感じる部分が働くようになります。
さらに、繰り返し同じ言葉を耳にすることで、それが単なる音ではなく意味をもつということを理解するようになっていきます。
そして、やがてそれが言語の習得へとつながるそうです。

そんな背景を理解しておくと、エンドレス”もういっかい”にも少し根気よく付き合ってあげられるかもしれませんね(笑)

 

さてさて、前置きが長くなりましたが、

楽しく読み聞かせ☆おすすめ絵本紹介vol.3

今回は、まさに言葉の繰り返しを楽しむ絵本です。

『がたん ごとん がたん ごとん』 安西水丸さく

ご存知の方も多いと思います。これも定番のあかちゃん絵本です。

「がたん ごとん」と「のせてくださーい」の繰り返し。
このシンプルな繰り返しが子どもたちにとっては楽しいんです。
それに、読み聞かせが苦手というママ・パパにもとても読みやすい絵本ですよ。

 

我が家のチビちゃん(0歳5ヶ月、歯が生えてきました!)とは、こんな風に楽しんでいます。

おひざに座って「がたん ごとん がたん ごとん」
電車に乗っているみたいにひざを揺らしながら。

がたんごとん

「がたんごとーん」とか、「がったーん ごっとーん」とか、
リズムをちょっと変えて読んだりすることもあります。
動きもそれに連動させて。

そして、「のせてくださーい」は手を挙げて。

のせてくださーい

絵本では、最後にみんながテーブルに到着しておしまいとなるので、
食事の時に「がたん ごとん がたん ごとん」と言いながらテーブルに連れていくこともあります。

よろしければ試してみてくださいね♪

 

「がたんごとん」シリーズ

 

言葉の繰り返しを楽しむカスタム絵本もご紹介します☆

あなたのおなまえは?

カスタム絵本「あなたの おなまえは?」

てんとうむし どこにとまった?

てんとうむし どこにとまった?

 

iicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://www.iicotoehon.com
楽天市場iicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://www.rakuten.co.jp/iicoto/
ポンパレモールiicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://store.ponparemall.com/iicoto/

こんにちは。iicoto店長です。

おすすめ絵本紹介vol.2
今回ご紹介する絵本は、すっかり定番となった「だるまさんが」
「だるまさんの」「だるまさんと」とあわせてシリーズ3作品です。

『だるまさんが』 かがくい ひろし 作

お姉ちゃん(6歳、小1)が1歳の時に購入してずいぶん楽しませてもらいました。
今はチビちゃん(0歳4ヶ月)が楽しんでいます。

ストーリーはとってもシンプル。
「だ・る・ま・さ・ん・が」に続いて
「ぷしゅー」とか「びろーん」とか、
音に合わせただるまさんのポーズがなんとも言えずおかしくて愛らしい。

「ぷう」とオナラをするだるまさんに子どもたちは大爆笑!
間違いなしですね。
このおもしろさがわかるのは2歳くらいからかな。

まだそんなことが分からないチビちゃん(0歳4ヶ月)とは、こんな風に楽しんでいます。

おひざに座って左右に揺れながら
「だ・る・ま・さ・ん・が」
read07

だるまさんのポーズをまねっこして
「びろーん」
read06

こんな風に
“絵本を読む”というより、”絵本で遊ぶ”感じです。
絵本に登場するポーズの他にも、
「ぎゅー」とか、「ちゅっ」とか…
色々応用して遊べます。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

だるまさんシリーズ


iicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://www.iicotoehon.com
楽天市場iicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://www.rakuten.co.jp/iicoto/
ポンパレモールiicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://store.ponparemall.com/iicoto/

こんにちは。iicoto店長です。
いつもiicoto(イイコト)カスタム絵本shopをご覧いただきありがとうございます。

絵本が大好きで、カスタム絵本を作ってショップまで始めてしまった私ですが、
6歳(小1)と0歳4ヶ月の2人の娘の子育てにもたくさん絵本を取り入れています。
お姉ちゃんは布団に入って絵本を一冊読んでから寝るのが小さな頃からの習慣です。
チビちゃんは首が完全にすわり、ちょうど寝返りができるようになるくらいの時期で、
色々なものに興味を持ち始め、最近絵本にも反応するようになってきました。

地元でちいさいお子さんとママ向けの読み聞かせイベントを行ったりすると、
読んであげたいけどなかなか興味をもってくれない…。とか、
読み聞かせが苦手で…。
というママの声を耳にすることがあります。

そんなママパパの参考になればと思い、
この度、新企画「楽しく読み聞かせ☆おすすめ絵本紹介」の連載をスタートすることにしました。
うちの子どもたちが好きな絵本をご紹介したり、
子どもたちが楽しめるちょっとした工夫などをお伝えしていきたいと思います。
少しでも多くの子どもたちに絵本を好きになってもらえるといいなと思っています。

では、さっそくですが、

楽しく読み聞かせ☆おすすめ絵本紹介vol.1

最初にご紹介する一冊は、
うちのチビちゃんがブックスタート(※1)でいただいて大好きになった絵本

「ぴょーん」 まつおか たつひで 作

色々な動物たちが”ぴょーん”と飛び跳ねる、その繰り返しのリズムが楽しい。
とってもシンプルで赤ちゃんに読みやすい絵本です。

おひざに座らせて読んであげるとじーっと見ています。
もちろん、まだ意味は分かっていないと思いますが、
「ぴょーん」という音がおもしろいのかな?なんとなく、そんな感じです。
read01

そして、チビちゃんが大好きなのがこれ。
読み終わった後の”ぴょーん”
“●●ちゃんも ぴょーん”と声に出しながら、ジャンプさせるようにからだを持ち上げます。
こういう動き、大好きですよね。楽しくってケラケラ笑ってくれます。
私もこのケラケラがたまらなくって、何度もやっちゃいます。
read02

赤ちゃんに絵本を読み聞かせる時は、ただ”読む”のでなく、
お話に合わせてからだを動かしたり、絵本に登場するものを見せたり触らせたりして、
五感を刺激してあげるのがおすすめです。
それを繰り返すことで、
実際に見たもの触ったものと絵本のなかのものが赤ちゃんの頭の中で結びついて、
やがてそれが言葉とつながっていきます。
言葉の発達を促す効果もありますよ。

ぜひ、試してみてくださいね!

 

※1 ブックスタートとは
自治体が行う0歳児健診などで、絵本を開く楽しい体験とともに、赤ちゃんに絵本を手渡す活動。多くの自治体で実施されています。

 

iicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://www.iicotoehon.com
楽天市場iicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://www.rakuten.co.jp/iicoto/
ポンパレモールiicotoカスタム絵本shopはこちら▶http://store.ponparemall.com/iicoto/